映画

私の幸せな結婚のあらすじ最終回結末ネタバレ!時代設定は明治大正?

Pocket

実写映画化やアニメ化が決まって注目を集めている「わたし幸せな結婚」には、顎木あくみ原作の小説とコミカライズがあります。

小説を元にしたコミカライズは、作画を高坂りと、キャラクター原案を月岡月穂が担当しています。

小説「わたしの幸せな結婚」はまだ完結していないので、結末がどうなるのか気になっている人も多いでしょう。

今回は「私の幸せな結婚のあらすじ最終回結末ネタバレ!時代設定は明治大正?」と題して、最終回のあらすじや結末、時代設定について迫っていきます。

この記事で分かること
  • 「私の幸せな結婚」の最新刊6巻のあらすじ
  • 「私の幸せな結婚」の最終回のあらすじ、結末、ネタバレ
  • 「私の幸せな結婚」の時代設定

気になる最終回のあらすじや結末とともに、時代設定を紹介していきますよ。

原作やコミカライズを読んでいる人はもちろん、映画から興味を持った人もチェックしてくださいね。

 

私の幸せな結婚のあらすじ最終回結末ネタバレ!

和風シンデレラストーリーとも言われる「わたしの幸せな結婚」は、2022年7月に小説の最新刊6巻が発売されました。

主人公は異能の名家に生まれながら、異能の能力がないからと虐げられてきた斎森美世(さいもり・みよ)です。

親によって、異能の名家である久堂家の当主で冷酷非道と言われる久堂清霞(くどう・きよか)の元へ嫁ぐことを決められてしまいます。

しかし、この出会いが美世の人生と美世自身を大きく変えていきました。

そんな和風シンデレラストーリーは、最終回では2人のどんな姿が見られ、どんな結末を迎えることになるのでしょうか。

最終回のあらすじの前に、小説の最新刊6巻のあらすじを見ていきましょう。

 

小説第6巻のあらすじ

美世は甘水に囚われてしまった清霞を救い出す決意をします。

清霞のために動き始めた美世は、幼い姿の清霞の姿をした清霞の式に出会いました。

美世は中身が清霞だと分かっていなかったようで、清霞にはもどかしい時間になってしまいました。

さらに祖父を訪ねた薄刃家で、美世は本来持っていた夢見の異能を開花させたのでした。

その後、新たに辰石一志も援軍となり、美世は夢見の異能を使って清霞を助け出すことに成功します。

美世は自分の気持ちを言葉にし、やっと清霞を名前で呼ぶことができました。

帝を支える立場だった清霞は、それまで所属していた軍を辞めました。

最後には義母・芙由と義姉・葉月が結婚式の話で盛り上がっている様子があり、2人の結婚式が間近に迫っていることを感じさせるラストになっています。

 

「私の幸せな結婚」の最終回あらすじと結末

これまでに何度も引き離そうとされながらも離れず、異能に関する大きな戦いを乗り越えて、やっと思いが通じ合った美世と清霞。

美世はやっと清霞のことを名前で呼び、清霞は心から美世を愛しています。

そんな2人を見守る義母・芙由と義姉・葉月は、美世と清霞の結婚式の話で盛り上がります。

葉月は昔ながらの白無垢、色打掛、ドレスを着せたいと主張し、芙由は洋式のガーデンパーティで白無垢とドレスを勧めたいのです。

きっと美世と清霞は、そんな2人のやり取りを温かく見守っているでしょうね。

特に、美世はこれまで味わえなかった幸せを実感していると思います。

そして、幸せを嚙みしめる美世を、清霞は優しい眼差しで見つめているはずです。

最終回では美世と清霞が出会ってから、それぞれどう変わっていったのかを振り返っていくのではないでしょうか。

その振り返りが2人の間に生まれた絆や成長を感じさせるものになると思います。

もちろん結末では、タイトル通りの「幸せな結婚」を迎えるでしょう。

きっと多くの人が、様々な苦難を乗り越えた2人が幸せな家庭を作り上げていく姿を見たいはずです。

結婚式を迎えた美世と清霞は、幸せになるためにこれまでの苦難は必要なものだったと思うかもしれません。

数年後に新しい家族が増えて、久堂家が賑やかになっている様子などが描かれることにも期待しましょう。

最終回の結末予想
  • 義母や義姉に見守られている美世が幸せを初めて実感する
  • 美世と清霞それぞれに、出会ってからの変化を振り返る
  • 2人の結婚式が執り行われ、「幸せな結婚」を迎える
  • 結婚後の様子が描かれる

 

私の幸せな結婚の時代設定は明治大正?

「わたしの幸せな結婚」の舞台は実際の日本とは異なる部分があるものの、明治・大正期を感じさせる雰囲気となっています。

美世たちが暮らしているのは帝都なので、帝国だと分かります。

美世の結婚には家同士の事情が絡んでいて、この部分は日本の明治・大正期と重なって見えますよね。

日本の明治・大正期では親が相手を決めてしまい、有無を言わさずに嫁がされることも珍しくありませんでした。

現代では考えられないことですが、当時はそれだけ家柄や家同士の関係を重視していたのです。

最近では「わたしの幸せな結婚」以外にも大正時代を感じさせる作品も多く、”大正ロマンス”がヒットしている傾向があります。

大正時代の恋愛は今とは違ってあまり自由がなく、身分が違うなどの障害もあったため、認めてもらうまでが大変でした。

下手すれば、政略結婚をさせられ、強引に引き裂かれることさえありました。

現代では考えられない身分などの障害に立ち向かっていく主人公たちのひたむきな姿に、多く人が心惹かれてときめくからこそ、ヒットにつながっていくのだと思います。

「わたしの幸せな結婚」時代設定
  • 「わたしの幸せな結婚」は明治・大正時代がモデルになっている
  • 実際の日本とは、少し異なる部分がある
  • 最近は”大正ロマンス”がヒットする傾向がある

 

私の幸せな結婚のあらすじ最終回結末ネタバレ!|まとめ

ここまで「わたしの幸せな結婚」の最終回のあらすじや結末、ネタバレ、そして時代設定が明治大正なのかについてまとめてきました。

  • 義母や義姉に見守られている美世が幸せを初めて実感すると予想
  • 美世と清霞それぞれに、出会ってからの変化を振り返ると予想
  • 2人の結婚式が執り行われ、「幸せな結婚」を迎えると予想
  • 結婚後の様子が描かれるのではないかと予想
  • 「わたしの幸せな結婚」は明治・大正時代がモデルになっている
  • 実際の日本とは、少し異なる部分がある
  • 最近は”大正ロマンス”がヒットする傾向

「わたしの幸せな結婚」の最終回では、清霞や義母たちに囲まれた生活の中で、美世が初めて幸せを実感するのだと予想しました。

美世と清霞それぞれがこれまでを振り返りながら、2人の絆や美世の成長や変化を感じられる部分があるといいですよね。

「わたしの幸せな結婚」の時代設定は、明治・大正時代がモデルで間違いないでしょう。

近年は”大正ロマンス”がヒットする傾向があることも分かりましたよ。

時代による恋愛や結婚の違いに興味のある方は、小説の時代と現代との違いを考えながら読んでみたら、また違った楽しみ方ができそうですね。

以上「私の幸せな結婚のあらすじ最終回結末ネタバレ!時代設定は明治大正?」と題して、お送りしました。