ブルーロック

ブルーロックイガグリ脱落しない理由なぜ?能力を解説

ブルーロックイガグリ-脱落しない理由なぜ?-能力を解説
Pocket

累計発行部数が1000万部を超えた、大人気サッカー漫画ブルーロック。

2022年10月からはテレビアニメの放送がスタートし、今や子供から大人まで幅広い年齢層のファンがいる漫画です。

高校生サッカーの漫画ですが、強豪フォワード300人を招集し、1人になるまでテストを繰り返すことで強くさせていくという、サバイバル要素を含んだストーリーです。

その中で注目されているのがイガグリと呼ばれるキャラクター、五十嵐栗夢(いがらしぐりむ)です。

ハードなサバイバル、ブルーロックでなぜイガグリは脱落しないのでしょうか。

今回の記事ではイガグリの能力に注目して、どうして脱落せずに選考を突破できているのか解説します!6

・最下位のイガグリが脱落せずにブルーロックをくぐりぬけられるのはなぜ?

・イガグリが持つ能力とは?

この記事では、イガグリのブルーロックでの役割や能力についてお話していきます。

 

ブルーロックイガグリ脱落しない理由なぜ?

イガグリという愛称で呼ばれている五十嵐栗夢(いがらしぐりむ)。

実家の寺を継ぐのが嫌で、サッカー日本代表になれたら寺を継がないという条件から、ブルーロックに参加します。

少し不謹慎ともいえる理由でサッカー日本代表を目指すイガグリは、300人の中でも実力は最下位。

漫画でも、実力の無さは明らかで、本人も実力を自覚しているように見えます。

では、実力不足が客観的にも明らかなイガグリが、どうして脱落しないのか、考えていきます。

イガグリの実力とチーム内での役割

サッカーに関する身体能力や技術は300人のなかでかなり低く、順位は最下位が続きます。

また、朝の練習をまじめにしないという事実や、寝ているときに動き回るなどの特徴から、ブルーロックのなかでは笑いを誘うポジションと言えます。

実際に、コミックのなかでも調子に乗った言動が数多くあり、他のキャラクターから白い目で見られたり、スルーされることも。

そんなイガグリですが、ブルーロックのなかでも実力不足でありながらも、選考を順々と通り抜けています。

 

イガグリの武器、諦めない心

どんな逆境にも心が折れず自分の身体にボールが直撃してでも、チームの勝利にかかわっています。

第1次選考のチームV戦では、イガグリの行動が勝利につながりました。

チームVの凪誠士郎、御影玲王、剣城斬鉄の鋭い攻撃に、チームZのメンバーは戦っても勝てないと自信を失います。

そんな試合のなか、ゴールを一心不乱にガードしていたイガグリは、凪誠士郎が放ったシュートを顔面に受けました。

しかし、敵のシュートからゴールを守り、そのボールは仲間へとつながりました。

イガグリの顔面にボールを受けるアクシデントは、その後の攻撃の機会となりました。

試合や休憩時間でも大声を出し続け、自分のモチベーションを高めています。

同時に、大声を出してチームを盛り上げていくシーンが、頼もしくうつります。

また、第2次選考では、大した実力がないと認識されていたイガグリの、ある能力が明らかになりました。

その能力を最大限に活用して、第2次選考以降も脱落せずに次に進めているのです。

 

ブルーロックイガグリの能力を解説

300人が参加するブルーロックですが、そのメンバーのなかでも、イガグリのサッカーに関する身体能力や技術は低いといえます。

実際に第1次選考は最下位でした。

身体能力が優れているわけでもありませんし、シュートの精度が高いわけでもありません。

注目するべきものは、イガグリの能力です。

 

イガグリの能力、マリーシアとは

イガグリの能力「マリーシア」は、ずる賢さのことです。

イガグリは、対戦相手にファウルの判定をわざととらせることで相手チームの士気を下げています

相手チームが優勢でも、ファウルを取られると、試合に水をさされたようで、集中力が切れてしまうことがあります。

試合の流れが変わることも、サッカーではよくあります。

もちろん、ファウルを貰うには、タイミングを意識しなければいけませんし、技術の習得も必要です。

審判を欺くわけですから、度胸も必要となってきます。

誰でもできるわけではない、わざとファウルを取らせる技術。

それだけでは点数を取ることはできませんが、試合の流れを変えることは十分にできます。

マリーシアという審判を欺く能力があるからこそ、ブルーロックでの熾烈な争いをくぐりぬけ、脱落しない理由と言えます。

U-20日本代表戦でもベンチ入りをはたす

マリーシアを習得したイガグリは、第3次選考へと進みました。

その後、負けてしまいますが、イガグリはU-20日本代表戦のメンバー選考を伝えられます。

その代表戦では、イガグリは出場メンバーに選ばれています。

実際に試合にでることはかないませんでしたが、出場メンバーに選ばれたということは、イガグリが評価されたという証拠です。

マリーシアでは、ファウルはとれても、自分でシュートを決め、得点につながることはありません。

ずる賢さを利用して、どこまで強豪あふれるブルーロックを進んでいけるか、イガグリの今後の活躍に、期待が高まります。

せっかくの能力ですので、縁の下の力持ちとして、しっかり活躍してほしいと願っています。

ブルーロックイガグリ脱落しない理由なぜ?|まとめ

イガグリの評判は良し悪しがあります。

しかし、わざとファウルをとらせる技術や、自分もチームも盛り上げて試合に貢献できる人柄があることは断言できるでしょう。

身体能力やサッカーの技術が優れているとは言えないイガグリだからこそ、自分でもこのままではブルーロックで最後の一人となることはできないと感じたのでしょう。

ブルーロックを勝ち進むために、イガグリは狡猾になることを選びました。

その判断により、低い順位でありながらもブルーロックで脱落せずに進めているのでしょう。

今回の記事のまとめはこちらです。

・イガグリが脱落せずに選考を通過する理由は、活気あふれる性格とマリーシア

・イガグリの能力は、審判を騙しファウルを取る、ずる賢さ

最後まで読んでくださりありがとうございました。