NFT

ザ・サンドボックス土地の将来性はある?レンタルや売買で儲かるのか調査

Pocket

ザ・サンドボックス(The Sandbox)とはメタバース(仮想空間)を自由に移動して遊べるブロックチェーンゲームです。

プレイヤーはメタバース内の「LAND」と呼ばれる土地をレンタルしたり、建物やゲーム、キャラクターを作成し売買できるなど、自分で目的を決めて遊べる自由度の高いゲームとなっています。

実際にそうした売買などで発生したお金は現実のものとして換算することができ、いくつかの有名企業はすでに莫大な額を投資し注目しているようです。

今回はザ・サンドボックスの土地の将来性はあるのか、レンタルや売買で実際に儲かることはできるのか詳しくみていきます。

この記事でわかること!

・ザ・サンドボックス土地の将来性について
・実際にレンタルや売買で儲かるのか?

 

ザ・サンドボックス土地の将来性はある?

ザ・サンドボックス(The sandbox)では、メタバース内の土地であるLANDを購入し、建物やゲームを自作して遊びます。

現実の土地と同じようにすでにいくつかの有名企業はLANDを購入し、そこにエンターテインメント施設やスタジアム、商業施設などの建設を予定しています。

そんなザ・サンドボックス土地の将来性についてここでは詳しくみていきます。

 

仮想通貨SANDの価値が上昇

2022年5月24日、国内大手取引所のコインチェックにてザ・サンドボックス内で使用できる仮想通貨「SAND」の上場が決定しました。

また、ザ・サンドボックスがアルファシーズンとしてLANDの一般販売を開始したこと、それに伴って有名企業がLANDを購入し始めました。

こうした要因から仮想通貨SANDの価値は上昇しており、今後もまだ上昇していくことが予測されています。

現在は、500億円超えの資金調達を目指して多くの企業や投資家と協議をしている最中とされており、過去にソフトバンクグループから100億円規模の資金を調達したことが大きな話題にもなりました。

 

土地の数は決まっている

ザ・サンドボックスはメタバースといっても無限に土地があるわけではありません。

ザ・サンドボックスでは166,464区画が用意されており、1区画(1LAND)は96m×96m、高さ128mとなっています。

1区画は数十万から最大で数億円にも及ぶとされており、現在は企業よる購入が主に行われています。

 

自由度の高さにも注目

LANDを保有した人は土地を自由に活用することができます。

ゲームを作ってLANDを訪れた人に楽しんもらったり、自作のキャラクターなどのコンテンツを用いてイベントを開催をすることも可能となっています。

素晴らしいコンテンツを作れるプレイヤーに対してLANDを安く貸し出すといった、新たなビジネスモデルもすでに誕生しているようです。

 

ザ・サンドボックス土地のレンタルや売買で儲かる?

LANDでは実際の不動産投資のような土地の貸し出しや売買が行われています。

では実際に、そうしたLANDのレンタルや売買で儲けることはできるのか詳しくみていきます。

 

土地レンタルで定期的な収入確保

ザ・サンドボックスでの収入を得る方法としての1つがLANDの貸し出しです。

LANDは非常に高価となっているため、優秀なクリエイターなどが自分でLANDを持てず、活動が制限されていることがあります。

そうしたプレイヤーに向けて資金をもっている企業などがLANDの貸し出しを行うことで、クリエイターが独自のコンテンツを活用しLANDで稼ぐことができるようになります。

こうして得た収益の一部をLANDのレンタル料として返してもらうことで、定期的に収入を得るというのが1つの稼ぎ方になっているようです。

 

土地の価値が高いときに販売する

別の収入を得る方法としてLANDの売買があります。

LANDを安いときに買い、価値が高くなったら売るという単純な方法です。

現在すでに少しずつ注目が集まっており価値があがっていることは仮想通貨「SAND」の見出しでも少し触れましたが、今後もまだ価値が上がることが予測されています。

そのため今のうちにLANDを購入して、価値が上がるのを待つというのもザ・サンドボックスで収益を得る1つの手段となっています。

 

ザ・サンドボックスへの参入を発表している国内企業

すでにザ・サンドボックスへの参入を発表している国内企業は以下の企業となります。

・スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX)
・エイベックス・テクノロジーズ (avex)
・SHIBUYA109
・コインチェック:Oasis TOKYO

国内でもこうした有名企業がザ・サンドボックスへの参入を発表しているほか、海外でもadidas、GUCCIといった有名企業がいくつも参加を意思を示しています。

 

ザ・サンドボックス土地の将来性はある?|まとめ

今回はザ・サンドボックスの土地に将来性はあるのか、レンタルや売買による稼ぎ方について詳しくみていきました。

  • LANDはすでにいくつかの有名企業が購入をしており、そこにさまざまな施設が建設予定となっている。
  • ザ・サンドボックスで使用される仮想通貨SANDの価値は上昇しており、今後もさらに価値が上昇していく予測がたっている。
  • LANDのレンタルや売買によって現実の不動産のように定期的に収益を得ることも可能。

数々の有名企業が参入しているという点から見てもザ・サンドボックスの土地に将来性はあると言えるでしょう。

まだまだ発展途上ではありますが、注目度から見ても、今度の展開にかなり期待できるコンテンツであることは間違いなさそうです。