ステップンはねずみ講で怪しいって本当?儲からない・やばいと言われる理由を徹底調査

ステップンはねずみ講で怪しいって本当?儲からない・やばいと言われる理由を徹底調査 オンラインゲーム
Pocket

ステップン(STEPN)をよく耳にするようになったのは、2022年に入ってからですね。

スマホにダウンロードして、歩くだけでどんどん仮想通貨が貯まる、夢のようなアプリが登場してから、利用者が殺到しました。

それにより、仮想通貨の価値を保つため、現在は紹介制度をとるようになったんですね。

しかし、ステップンは儲からない・やばいアプリと言われているのはなぜでしょうか?

その理由も調査したのでご紹介していきます!

今回は、「ステップンはねずみ講で怪しいって本当?儲からない・やばいと言われる理由を徹底調査」をお送りします。

ぜひ、最後まで読んでいってくださいね!

「ステップンって何?」から答えてくれる神ブック

ステップンはねずみ講で怪しいって本当?

ステップンはねずみ講と思っている方も多いです。

なぜ、そのように思われているのでしょうか?

それは、紹介コードがないと登録できない仕組みになったからです。

この紹介コードは、すでにステップンに登録している人が持っていて、その人から紹介コードをもらえれば、新たに登録が可能となっています。

(紹介コードは、アクティベーションコードとも呼ばれています。)

紹介コードは、以下の4つの方法で入手が可能です。

  • 知り合いや身内から紹介コードをもらう
  • ツイッターから紹介コードを載せているツイートを見つける
  • 公式サイトから入手する

 

紹介コードを提供する側のメリットは何?

すでにステップンに登録している人は、誰でも紹介コードを発行することができます。

紹介コードの発行は無料で、1コードにつき1名紹介が可能になっています。

SNSで、紹介コードをツイートしている人も多く見かけますね。

しかし、会員が発行した紹介コードを利用した場合、会員側にメリットはあるのでしょうか?

紹介した人:紹介料など特典なし

紹介コードを利用した人:ステップンに登録できる

 

ステップンはねずみ講ではない?

ステップンは、ねずみ講とは違います。

ねずみ講とは、すでに加入している会員が、2人以上の紹介をすることで、紹介料が発生します。

そして、入会した会員がさらに紹介を行うと、その入会した会員及び最初に紹介した会員に紹介料が発生します。

こうすることで、無限に会員数が増加していきます。

ステップンはねずみ講で怪しいって本当?儲からない・やばいと言われる理由を徹底調査

 

 

 

(引用:兵庫県警)

しかし、ステップンの場合は、この紹介方法を利用して会員数を増やすのに躍起になっているわけではありません。

ステップンは、急激に登録者数が発生したことで、発行通貨が激増して価値が下がるのを防ぐため、新規参入者が簡単にスタートできないようにしたのです。

通貨の価値を守るための策であると言えますね。

とは言え、利用者がストップしてしまうと、今度は利用者同士の通貨の移動がなくなってしまい、換金が集中して通貨の価値が下がってしまう恐れがあります。

そのため、利用者の増加を緩やかにし、通貨を安定させるために、紹介コードを取得した人のみ登録できるようにしたと考えるのが自然ではないでしょうか。

 

ステップンが儲からない・やばいと言われる理由を徹底調査

ステップンを始めようか悩んでいる人は、「全然儲からない!」「ステップンは怪しくてやばい」という話を聞いたことがあるでしょう。

なぜ儲からない・やばいと言われているのか調査してみました!

 

ステップンの人気が上がってスニーカーが高騰している!

現在、ステップンが日本だけでなく世界でも人気を博してしますね。

利用者は100万人以上で、今もなお登録者数が増え続けています。

「歩くだけで稼げる」という、とてもシンプルな稼ぎ方が魅力なんですね。

ステップンは、歩く・走るという速度や時間、距離によって仮想通貨を稼ぐことができるのですが、まずはアプリ内でスニーカーの購入が必要になります。

このスニーカーの種類によって、どれくらい稼げるかが変わってきます。

そして、このスニーカー購入が、サービス開始当初と比べて金額が高騰し、購入も困難になってしまいました。

(2022年6月時点で10万円前後と言われています)

つまり、これから参入する人は、ある程度初期費用がかかることを覚悟しておく必要があります。

 

ステップンは投資詐欺という噂

SNSでは、ステップンをポンジスキームと呼んでいる人も多く見かけます。

とは、投資詐欺の一種ことを指します。

ポンジスキームは、以下のような手法です。

出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、実際には資金運用を行わず、後から参加する出資者から新たに集めたお金を、以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用によって利益が生まれ、その利益を出資者に配当しているかのように装うもののこと。

(引用:Wikipedia)

しかし、ステップンの場合はすでに第一四半期で30億円の利益を生み出しています。

ゲーム内では、ユーザー間でスニーカーの売買を行なっていますが、この中から6%の手数料が、ステップン側の利益となっています。

また、世界的に有名な靴メーカーアシックスとコラボしていたり、出資者の中には世界的に有名なベンチャーキャピタルや仮想通貨取引所のバイナンスが含まれています。

また、アプリはアップルの審査も通過しており、多方面から信頼を得ているのは明確ですね。

そのため、この投資詐欺と噂されていることには、根拠がないことが分かります。

 

ステップンの仮想通貨が急落する可能性

ステップンで稼げているのは、このゲーム内で発生する2つの仮想通貨を獲得したことを示します。

このトークンを別の仮想通貨に換金し、さらに日本円に換金して初めて手元にお金が入ってくるようになります。

そのため、ステップンで扱われている仮想通貨の価値が下がれば、当然儲けは無くなります。

しかし、どの仮想通貨でも同じことが言えるわけで、こればっかりは個人が常に最新情報をキャッチして判断する必要があります。

ただ、ステップンでは暴落を防ぐために、紹介制度を採用して利用者の急激な増加を防いるんですね。

そうすることで、ステップン内の価値を下げないように努めています。

 

まとめ

ステップンが紹介制度になってから、「ねずみ講じゃないの?」「儲かるって言われてるけど怪しい」と感じている人は、たくさんいるんですね。

しかし、逆にステップンは歩くだけでどんどん稼ぐことができるなんて面白そう!と感じている人も多くいるのも事実です。

儲からない・やばいと言われているのは、仮想通貨での購入方法や出金する方法が複雑になっている点が大きいのでしょう。

ステップンの仕組みから利用方法を知ってしまえば、安心して始められますよ!

今回は、「ステップンはねずみ講で怪しいって本当?儲からない・やばいと言われる理由を徹底調査」をお送りしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました