音楽

backnumberが紅白歌合戦2022に落選した意外な理由なぜ?特別枠出演の可能性があるか徹底調査!

紅白2022出演者予想!司会や初出場まで徹底調査!
Pocket

11月中旬、2022年紅白歌合戦の出演者発表がNHKから正式にありましたね!

まさかのグループがトリに抜擢されたり、絶対に出演するだろうと思っていたアーティストが落選したりと、今年はかなり国民の予想を裏切った形となりました。

その中でも、backnumberが落選したことについて、SNSではトレンド入りするほど大騒ぎになりましたね。

なぜかというと、backnumberは2022年後期NHK朝ドラの主題歌を歌っているからです。

せめて特別枠での出演をしてくれるんじゃないか…?

そんな期待を残しているファンも多くいるのではないかと思います。

ここでは、

  • backnumberが紅白歌合戦2022を落選した理由
  • backnumberの年末の予定
  • backnumberは特別枠での出演を見込めるか?

について、徹底調査しました!

 

backnumberが紅白歌合戦2022に落選した意外な理由なぜ?

2022年の紅白歌合戦出場者について、多くのサイトで予想が出ていましたが、その中に必ずと言っていいほどbacknumberが入っていました。

それは、2022年NHK朝ドラ「舞いあがれ!」の主題歌に採用されていたことが大きな理由です。

自局の目玉と言えるドラマの主題歌を歌っているアーティストを外すのは考えにくいと言えますね。

もっというと、2022年前期「ちむどんどん」の主題歌を歌った三浦大知さんは出演予定となっています。

backnumberが出演者一覧から外された理由を探っていきましょう。

 

韓国アーティストに力を入れている

2022年の紅白歌合戦では、韓国系アーティストと言えるグループの出場枠が増えているように感じます。

  • IVE
  • TWICE
  • NiziU
  • LE SSERAFIM
  • JO1

この5組のうち3組が初出場となります。

韓国アーティストが、日本のファン獲得数を伸ばしていることもあり、NHKでもこの若者人気にあやかりたいと考えている可能性がありますね。

これにより、バンド系の枠が減っていると考えてしまうと、残念でなりません。

 

backnumberが出演を辞退した

NHKが発表したのは、紅白歌合戦2022に出演するアーティストのみになります。

そのため、NHKからオファーしたものの、辞退したアーティストなのかそもそもオファーしていないのかはわかりません。

backnumberの年末年始近辺の予定や、メンバーの都合、事務所の考え方によっては辞退することも考えられます。

ただ、国民的番組であり、主題歌もNHKで採用されていることから、紅白歌合戦への出場を辞退するというのはよっぽどのことなのかと考えてしまいます。

ただ、そのような不穏な噂ですら出ていないことから、backnumberから辞退を申し出たというのは考えにくいように感じますね。

 

朝ドラの主題歌以外の活動がなかった

もしも、朝ドラ以外での活動が無ければ、紅白歌合戦の選定からは外れる可能性が高いと言えます。

ただ、backnumberは今年、全国アリーナツアーや、映画「アキラとあきら」の主題歌「ベルベットの詩」がリリースされヒットするなどの活躍を見せています。

この仮説もありえないですね!

ただ、朝ドラ枠で考えると2022年前期「ちむどんどん」の主題歌を歌った三浦大知さんが出演することが決まっており、4月〜9月までかなり話題となっていました。

すでに2022年に浸透した三浦大知さんの歌が採用されたと考えられるかもしれません。

 

backnumberは紅白歌合戦に出場経験がない?

毎年紅白出場が期待されていますが、実現に至っていないback number。

紅白を放送するNHKの朝ドラ「舞いあがれ!」の主題歌「アイラブユー」が採用されていることから、当選確実だとファンもNHK朝ドラを見ている視聴者も考えていたと思います。

さらに、朝ドラ主題歌「アイラブユー」を聴けると楽しみにしていた人も多かったでしょう。

それゆえに、かなり残念な結果となってしまいましたね。

 

backnumberは紅白歌合戦2022の特別枠に出演する可能性はある?

今回、特別枠で出演が決定しているのは、「氷川きよし」さんです。

そのため、特別枠での出演も可能性が薄いと考えられるかもしれません。

ただ、発表されていないアーティストや有名人が出演する可能性も残されています。

今年は、BTSのメンバーが兵役を受けることから、グループとしての活動を2022年10月から休止することを発表しました。

ただ、今年の紅白歌合戦では、韓国系アーティスト枠を大幅に増やした上にトリを務めさせることから、BTSのサプライズ出演があるのではと囁かれています。

そんな出演料どこにあるんだ…と思ってしまいますが、可能性として捨て切れないですね。

しかし、発表された一覧には出ていないことから、サプライズ出演の可能性を残してきました。

さらに、紅白歌合戦出演者を発表した際に、番組統括者である加藤英明さんは、まだ交渉を続けているアーティストがいると答えています。

「このリストにないアーティストについて、これだけって言い切りたいところもあるが、視聴者の期待が高いアーティストもいるので、そういった方々にも引き続き、交渉していく可能性はある」

(Yahoo!ニュース)

期待されているアーティストといえば、やはり韓国系アーティストのトップであるBTS、トレンドに登場したbacknumberですね。

加藤さんの交渉次第では、backnumberのサプライズ出演も可能性が非常に高いと考えらます!

 

backnumberが紅白歌合戦2022に落選した意外な理由なぜ?|まとめ

backnumberが紅白歌合戦2022に名を連ねていないことに対し、かなりファンはがっかりしたと思います。

現在放送されているNHK朝ドラ「舞いあがれ」は非常に評価が高く、今後の展開を楽しみにしている上、紙飛行機がどんどん形を変えながら進んでいくオープニングに、「アイラヴユー」がしっくりきているととても評判いいんですよね。

先日は、見事に主人公が空を飛んで大盛り上がりしたばかり。

そのため、backnumberと舞いあがれの出演者とのコラボレーションも楽しみにしていた人が多くいたため、落選のニュースはかなり衝撃でしたね。

ただ、現在も紅白歌合戦への出演交渉を続けているという話も出ているので、今後追加アーティストの中にbacknumberが登場する可能性も十分ありえます。

是非とも、2022年最後に「アイラヴユー」を聴きたいものですね!

今回は、「backnumberが紅白歌合戦2022に落選した意外な理由なぜ?特別枠出演の可能性があるか徹底調査!」をお送りしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。