音楽

キンプリ脱退本当の理由は不仲?ジュリーと脱退組3人の確執も原因か徹底調査!

アイキャッチ
Pocket

第二の嵐とまで言われた超人気男性アイドルグループ、King & Princeことキンプリから、平野紫耀をはじめとした人気メンバー3人の脱退が発表されています。

正式に発表された理由として、それぞれの歩む道の違いについて挙げられていましたが、ネットではさまざまな憶測が飛び交いました。

理由として、人気絶頂の中急に発表されたことや、タッキーこと滝沢秀明副社長が事務所を辞めるとのこと。

そして、ファンクラブ会員向けに出された動画でのメンバーの態度などなど…。

これまでのキンプリを応援してきたファンからしたら、違和感のあるものばかりだったのです。

ジュリー社長の動向も気になりますが、なんと不仲説まで出てしまっています。

そこで今回は、その2点について詳しく調べてきました。

この記事を最後まで読んでいただくと以下のことが分かります。

  • キンプリの脱退の理由は不仲なのか
  • キンプリの脱退の理由はジュリー社長との確執なのか

是非最後まで読んでいってください。

 

キンプリ脱退本当の理由は不仲?

まず不仲という噂は、あくまでも憶測に過ぎません。

しかし、ファンクラブ会員向けの動画がネットに流出し、各メンバーが脱退への思いを述べている内容を紐解いていくと納得できる部分もあります。

今回、平野さん岸さん神宮寺さんの3人は海外進出への夢を諦めたから。

永瀬さんと高橋さんは特に海外への思いは語っておらず、グループを守りたいからキンプリに残ると発表しています。

この状況を踏まえれば、不仲になっての脱退とも言えるでしょう。

根拠を詳しく解説していきます。

 

キンプリ不仲と言える根拠

まず、キンプリ内は、海外進出派か国内活動派かの2つの想いに分裂していました。

それは、ファンクラブ会員向けの動画内で確認することができます。

動画で平野さんから語られたのは、ジャニーさんと、そしてファンと約束していた海外進出についての思いでした。

キンプリはジャニーさんが手がけた最後のアイドルグループということもあり、メンバーは特にジャニーさんへの想いが熱かったのではないでしょうか。

デビュー前にはメンバーでジャニーさんに『デビューさせてください!』と直談判したなんていうエピソードもあり、本人達のアイドルへの情熱は本物でしょう。

しかし、ジャニーさんが亡くなってしまい、新しい体制で事務所が運用されていきます。

そこで3人がもどかしい思いを抱えていたのでしょう。

ぱんだ
ぱんだ
このままじゃ、海外になんていけない…

逆に残る2人は、新しく運用されている事務所の方針についていけたとも言えますね。

ぞう
ぞう
今まで応援してくれたティアラのために、このまま国内で頑張るのもありなんじゃないか

確かに、デビュー当初から自分達を支えてくれたティアラ(ファンの名称)は日本国内に多くいるでしょう。

その人達を大切にこれからの活動をしていきたい2人と、ジャニーさんと話し合った海外進出を諦められない3人。

方向性に明確に違いが出てきています。

また、昨年からそのことについて話し合うことが多かったとも動画で語られていたので、それが不仲に繋がり3人が脱退を選んだことは十分に考えられます。

 

キンプリ脱退はジュリーと脱退組3人の確執が原因?

またこんな噂も出ています。

女性性の口コミ
女性性の口コミ
女性の口コミキンプリ3人の脱退は、事務所が原因なんじゃないか…

以前からファンの中で囁かれていた、ジャニーズ事務所についての現在…。

SMAPを皮切りに、相次いで続く脱退や退社の騒動に、心配の声が多々ありました。

そこにきてのキンプリからメンバー3人の脱退で、やはり事務所内に問題があったのではないかとの声が大きくなっています。

どうしてこの噂が囁かれるようになったのか…それは、あの暴露議員のガーシーさんにありました。

メンバーの脱退や退所について、ガーシーさんは『強烈な怨恨』と発言しました。

この内容を受け、世間ではキンプリとジュリー社長には確執があったのではないかとの噂が加速していきます。

また、文春オンラインでは、平野さんが求めている面談をジュリー社長がドタキャンしていたとの記事も出ています。

記事の中では、平野さんがジュリー社長に面談を申し出るも『仕事の内容なら5人で来なさい』と断られ、5人で行ってもドタキャンが続いたこと。

そして、ようやく叶った面談の中でもろくに話が聞いてもらえなかったことが書かれていました。

平野は知人に「ジャニーさんがいたら……」と、最後まで嘆いていたという。

※文春オンラインの記事から引用

この記事は、ジャニーズ事務所へ確認したところ『ご指摘のような事実・経緯ではありません』とも書かれており、真相は分かりません。

しかし、ガーシーの発言もあり、この記事の内容とはいかないまでも、メンバーとの間に確執があったのは間違いないのではないかと言われています。

 

ジュリー副社長とは

ジュリー副社長は、ジャニー元社長の姪にあたる人です。

元は代表取締役副社長として就任していましたが、ジャニーさん死去と同時に社長の座に就任しました。

メンバーがキンプリとして正式に活動を開始したのが2018年5月であるため、実質1年程で社長がジャニーさんからジュリーさんへと変わってしまったのでした。

 

キンプリ脱退本当の理由は不仲?|まとめ

今回はキンプリの本当の脱退理由について調べ、考察しました。

キンプリは元々ジュニア内のグループが期間限定で合体し、それで正式にデビューさせて欲しいとジャニーさんに直談判した経緯や、ジャニーさん最後のアイドルであることからも、一倍ジャニーさんへの気持ちが強いことが伺えますね。

メンバー内で、ジャニーさんやファンとも掲げていた海外進出への思いが二分化していたのは事実で、それが原因で不仲に進んでいたのではないかと考えられます。

また、ガーシーさんが『ジュリーさんとキンプリの間には強烈な怨恨がある』と発言したことで、ファンの中に元々あったジャニーさん亡き後の事務所への不信感が爆発しました。

その結果、メンバーとジュリーさんの間に確執があり、それが脱退の原因にも繋がったのではないかとも考えられますね。

記事の内容は確証はなく、考察でしかありません。

しかし、国民的アイドルグループがまたもや分裂してしまうのは事実。

今後のメンバーにはもちろん、ジャニーズ事務所の動きにも注目が集まります。