世界仰天ニュースのコロナワクチンエピソードが炎上?ワクチン否定派を異常扱いって本当?

世界仰天ニュースのコロナワクチンエピソードが炎上?ワクチン否定派を異常扱いって本当? バラエティ
Pocket

2022年3月22日に放送された、ザ!世界仰天ニュースのコロナワクチンエピソードをめぐって、SNSでは、意見が真っ二つに分かれています。

多くのコメントでは、今回のエピソードを否定的に捉えており、炎上状態。

どうやらワクチン否定派を異常者扱いしているとか。。。

一体、どうして炎上してしまったのでしょうか?

今回は、「世界仰天ニュースのコロナワクチンエピソードが炎上?ワクチン否定派を異常扱いって本当?」をお送りします。

 

世界仰天ニュースのコロナワクチンエピソードが炎上?

その中で、コロナワクチンを打つかどうかをめぐって、家庭内で夫婦が対立してしまった話を紹介していました。

しかし、その結末にかなりブーイングが起こったんですね。

「反ワクチン」の妻は、根拠のない情報ばかりを信じ込み、夫と対立状態になって今も継続しているという結末でした。

このことが、炎上の原因になったようです。

 

どんなエピソード?

妻は、コロナが発生した当初、過敏に心配していたようです。

しかし、SNSや友人からの情報で「コロナはただの風邪」、「コロナワクチンは危険なもので、打ってはいけない」と考えるようになりました。

妻は、何度も検索を繰り返していくうちに「フィルターバブル」状態(自分が好む情報が検索結果を基に集まってくる)に陥ってしまい、繰り返し同じ情報を目にすることで、「コロナは風邪でワクチンは危険であること」が正しいことと認識していきました。

そして、相反する意見は間違いであると考えるようになってしまいます。

そのため、テレビでコロナのニュースが流れていると、「嘘ばっかり!」と頭ごなしに否定して、一切受け入れる余地がありません。

夫は、その様子を見て、医者やメディアが全て嘘になるのか?と妻に問い詰め、夫婦は口論してしまいます。

その後も、妻は、自分の意見に近しい情報ばかり目にするようになり、あたかもそれしか意見がなく、反対意見はほぼ皆無・もしくは嘘であるという意見だけを見るようになってしまいます。

その状況を見かねた夫は、厚生労働省が出している情報など、「出どころがはっきりしている情報」だけを集めて、妻に説明をしました。

しかし、妻は、全く聞く耳を持たず、結局夫は妻に内緒でワクチンを打ち、そのまま何も言わないでいるそうです。

 

みんなの意見は?

 

世界仰天ニュースはワクチン否定派を異常扱いって本当?

世界仰天ニュースは、反ワクチンの妻が「根拠のない情報」を信じ込んでしまい、「根拠のある情報」を夫がどんなに説明しても信じず、自分の意見が正しいと頑なに信じているというストーリーで紹介しました。

この流れが、おそらく「反ワクチン派=間違った意見」と紹介されていると感じた方が多く、「ワクチン接種は正しい行為なのに、それを信じない人たちはこんなふうに固執しているんでしょ?」と見せているように見えたのではないでしょうか。

しかし、実際はどのような意図で伝えられたのでしょうか。

このエピソードの終盤では、2つの現象について説明がされていました。

フィルターバブル現象

個人の検索履歴などを分析し、その人が好きそうな情報を優先的に表示することで、自分の考えや価値観に合った情報ばかり見ている状態のこと

エコーチェンバー現象

自分と似た考えや価値観を持つ人たちの意見ばかりを見ることで、あたかもその情報が世の中の正しい情報であると勘違いしてしまう状態のこと

これらは、どちらもSNSやWEBサイト検索ツールが、検索内容を基に、その人がどんな情報が欲しいかを分析して、好みの情報を優先的に紹介していることから起きる現象です。

例えば、「コロナ 風邪」で検索をスタートして、そこからヒットした情報を閲覧していくうちに、閲覧した記事やコメントに近い情報が優先的に上がってきます。

これを繰り返していくうちに、同じ情報に何度も巡り合い、あたかもその情報が最も多い意見で、正しい情報であるように錯覚してしまうのです。

このエピソードでは、一方の意見ばかりを信じ込んでしまった妻が、一切他の情報を聞き入れず、意見の違いに家族が苦しむというエピソードでした。

そして、これは多くの人が今コロナをめぐって経験していることなんです。

この夫婦のエピソードは少し極端ではありますが、意見の違いにより、同じように苦しんでいる人がいるということを伝えたかったのだと思われます。

コロナ対策に関する対応が違うため、夫婦や親子でも職場でも友人関係、恋人関係でも考え方が対立してしまい、自分の意見が言えなかったり、理解してもらえなくて苦しんでいる人が大勢いるそうです。

コロナは、病気の症状以外に人間関係にまで影響を与えていたんですね。

まだまだ未知のウイルスです。

だからこそ、柔軟に色々な意見を取り入れたり、相手の意見を尊重する姿勢も必要ですよね。

 

まとめ

世界仰天ニュースのコロナワクチンエピソードが炎上?ワクチン否定派を異常扱いって本当?

結局テレビ的には、コロナワクチンを推奨していかないといけない流れができているんでしょうね。

実際に、ワクチンが合わない人や、そういった薬物でも死に至る体質の人もいます。

そういった人への配慮があまりなされない、「コロナワクチンを打つことが正しい」一辺倒だったのが炎上の原因だったのかもしれないですね。

ワクチン否定派は、考え方の一つでもあるため、打たないことが異常・悪のような印象を与えることは、情報を与える側として正しくないような気がします。

そして、今後も、この話題はテレビに出るたびに問題になりそうですね。

今回は、「世界仰天ニュースのコロナワクチンエピソードが炎上?ワクチン否定派を異常扱いって本当?」をお送りしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました