ドラマ

ちむどんどん18週あらすじネタバレプラス吹き出し付き!重子と暢子が和解する?

ちむどんどん18週あらすじネタバレ!和彦と暢子は別々の道を進む?
Pocket

フォンターナは盗難事件が解決され、穏やかな日々が戻ってきたのです。

一方、暢子と和彦は、和彦の母親・重子(鈴木保奈美)に認められないまま、披露宴の計画をしていました。

うさぎ
うさぎ
披露宴をフォンターナでやるなら、三郎さんと房子さんも顔を合わせるのかな?

プラス、サイドストーリーも気になるところ!

今回は、「ちむどんどん18週あらすじネタバレプラス吹き出し付き!暢子と和彦の新居はどこ?」をお送りします。

ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

>>ちむどんどん19週のネタバレ情報<<

>>ちむどんどん最新話のネタバレ情報!<<

https://www.youtube.com/watch?v=CLpLJ9NKbVI

\ちむどんどんを全話イッキ見/

ちむどんどんネタバレ

※過去の朝ドラが全て見れます。
※簡単登録5分で完了します。

2022年4月11日スタートのNHK朝ドラ、第106作「ちむどんどん」について、あらすじ・ネタバレをご紹介しています。

 

目次

ちむどんどん18週の相関図は?

暢子は、東京で沖縄料理店を開くのか、それとも、沖縄に帰ってお店を持つのでしょうか?

和彦は、新聞社を辞めて、沖縄に拠点を構えるのか?!

智は、このまま東京で会社を大きくしていくのか?!

賢秀や歌子の恋の行方は?

 

ちむどんどん18週あらすじネタバレ!重子と暢子が和解?

ちむどんどん14週あらすじネタバレ!優子が再婚?

ちむどんどん18週のあらすじとネタバレです!

暢子と和彦は、フォンターナで披露宴を行うことになりました。

フォンターナの盗難事件に尽力した三郎は、結局房子と顔を合わせることはありませんでした。

一方、上京していた良子は、直接重子に会いにいき、暢子と和彦の結婚を認めるよう直談判したのです。

うさぎ
うさぎ
三郎さんと房子さんは、披露宴で顔を合わせるのかな?

三郎さんの奥さんはどう思うだろう・・・

 

ちむどんどん18週のあらすじは?

矢作が現れたり、フォンターナの権利書が盗まれたりと、大変な一件が解決し、フォンターナは平穏な日々を取り戻します。

暢子と和彦は、結局重子に結婚を認めてもらえないまま、結婚式や披露宴について計画を始めました。

一方、良子は、暢子と和彦の結婚をお願いしにいきます。

大切な妹をお嫁に出すことを、重子に訴えるのでした・・・。

今週のタイトルは、「幸せのアンダースー」です。

 

ちむどんどん18週ネタバレ!

放送後紹介します!

86話【8月8日】

三郎の対応により、フォンターナのトラブルは解決しました。

暢子と和彦は、フォンターナで披露宴を行うことに決めました。

しかし、未だに重子に自分達の結婚を認めてもらえない暢子と和彦。

 

87話【8月9日】

暢子は、和彦の母・重子に、「美味しいものを作ってあげたい!」と意気込んでいました。そんな暢子に、房子は意外提案をするのです。

その提案とは一体・・・?

一方、重子のところへ訪れていた良子。

良子は、重子へ暢子と和彦の結婚を認めるようお願いしに行きますが・・?

 

88話【8月10日】

暢子は、重子を再びフォンターナへ招待します。

そして、出てきた料理はなんとどれも美味しくないものばかり!

重子はどんな反応を見せるのでしょうか?

 

89話【8月11日】

フォンターナでは、暢子と和彦の披露宴が行われることになりました。

そこへ集まったのは、フォンターナのメンバーはもちろん、鶴見の人たちや山原の家族たち。

そこに重子はやってくるのでしょうか?

そして、三郎と多江、房子が顔を合わすことはあるのか・・・?

 

90話【8月12日】

フォンターナで披露宴をあげることになった暢子と和彦。

そこには、二人を支えていた面々が集まって、とても幸せな空間でした。

暢子は、久しぶりに会った親友や家族とも再会を分かち合い、幸せを噛み締めていました。

そして、そこで暢子が思いついたこととは・・・?

 

ちむどんどん18週考察!重子と暢子は和解する?

ちむどんどん14週あらすじネタバレ!優子が再婚?

ちむどんどん第18週の考察になります!

ここまでの考察をまとめてみました!

 

ちむどんどん18週考察:智は披露宴に現れるのか?

智は、沖縄で仕入をさせてくれる農家やお店を回っていました。

山原では、歌子との時間も過ごしています。

歌子は、暢子と和彦が結婚することに対して、智の気持ちが気になっているようです。

しかし、どうやら智はもう吹っ切れたようで、清々しい笑顔を歌子に向けていました。

このことから、2人の友人として智も披露宴に出席するのではないかと思われます。

ただ、長く片思いしていた智のことですから、2人の姿を見るのは辛いのではないでしょうか。

そこで、智に寄り添い支えてくれる歌子が、今度は新たに智にとって大切な人に変わっていく予感がします。

 

ちむどんどん18週考察:重子が暢子を認める理由は何?

重子は、美味しくない料理を出されることで、どんな感情が湧き上がるでしょうか?

フォンターナで食事をしたこともあり、暢子のお弁当も食べているので、料理の実力は知っていると思います。

その上で、美味しくない料理を食べることが解決策になるかもしれないと考えた房子の狙いとは一体なんでしょうか?

三郎さんの条件は、重子が2人の仲を認めることです。

もちろん房子もそのつもりで、暢子に美味しくない料理の提供を提案しています。

普通なら、馬鹿にされていると感じて怒ってしまいそうですが、どのような工夫がなされるのか、気になるところですね!

 

ちむどんどん18週考察:多江と房子の初顔合わせ?!

フォンターナで披露宴を挙げるのですから、もちろん房子もいることでしょう。

そして、沖縄の着物を貸し出した多江と夫の三郎ももちろん出席するはずです。

多江は、房子の存在を知っているようでした。

ということは、きっと多江から房子へ話しかけるんでしょうね。

「あなたの愛する人を奪ってごめんなさい」

なのか、

「今、とても幸せです。ありがとう」

なのか、

「大変な思いをさせてごめんなさい」

なのか、涙を流してしまうのか、とても気になる週ですね!

今はすでに、房子は房子の生き方をしていて、三郎も多江をとても大事にしていることから、きっとお互いに区切りはつけていると思います。

しかし、間に挟まるような形で結婚した多江には、重くて寂しい時期もあったと思います。

その想いを、房子はどんなふうに受け止めるのか・・・

大人の恋の結末ですね!

 

ちむどんどん18週考察:重子は愛が結婚相手なら認めたのか?

重子は、暢子と和彦の結婚は「家の格のちがい」で反対しています。

それなら、愛が和彦の結婚相手ならすぐに許してくれたのでしょうか?

愛は、結婚をするか仕事を続けるか悩んでいました。

しかし、仕事を続けながら結婚生活を送ることがOKだった和彦なら、愛が悩んでいたことを知ったらきっと「仕事をつづけてもいいよ」と言っていたと思います。

ただ、愛の両親は結婚するまで仕事を続けて、結婚後は家庭に入ることを条件としていましたね。

その通りに愛が従わず、仕事は絶対続ける!と言っていたら、やはり重子は反対したのではないでしょうか?

つまり、何かしら自分の意思にそぐわず和彦が自分と別家庭を持つことに反対した可能性があります。

それは、誰が和彦の結婚相手でも変わらなかったのではないでしょうか。

では、重子が本当に結婚を反対する理由はなんでしょう・・・?

 

和彦は一度幼少期に母親と離れて暮らしていたね。

今も別々で暮らしているけど、すぐに行ける距離にはいる・・・。

一度夫から息子を奪われている感覚があるから、また他の人に和彦を奪われるのが許せないとか?

ちむどんどん18週考察:重子の望みは家族を奪われないこと?

重子は、暢子との結婚を認めないのは家柄のせいだと言っています。

しかし、和彦に対しては、どこに住もうとどんな人たちと交流を深めようと一切干渉している感じはありません。

重子にとって、和彦は唯一の家族であり、手塩にかけた大切な一人息子です。

夫とうまくいかなかった末、未亡人になった重子にとって、家族は和彦たった一人だけ。

重子は、さみしいのではないでしょうか。

たった一人の家族を奪われることが、とても不安なのではないでしょうか。

自分だけが置いていかれて、一人になってしまう感覚を感じているのかもしれません。

 

ちむどんどん18週考察:和彦は沖縄に拠点をおく?

結婚式を挙げて、見事夫婦になれた和彦ですが、父の悲願でもあった沖縄戦争についての手記を書いていこうと奮闘しています。

そのためには、沖縄で遺骨収集を行う嘉手苅さんの元で、もっと情報を得なければならないと思います。

そうすると、和彦だけが沖縄へ移住することになるのでしょうか。

暢子を選ぶのか、沖縄の文化を追い続けるのか、和彦の選択が気になるところです。

 

ちむどんどん18週考察:歌子は智のために東京へ出てくるのか?

歌子と智はやはり一緒になるのか、気になるところです。

失恋した智、智を思い続ける歌子、2人には幸せになってほしいという視聴者も多いですね!

智は、価値観があった人と一緒になるべきと言っていたし、一緒に育ったのは暢子も歌子も同じ。

それに、歌子は出会いがないから、智一択のようにしか見えないですね!

ここでも偶然が重なって、智が歌子に惹かれる展開が一番見ているものとしては嬉しいですよね。

うさぎ
うさぎ
やっぱり歌子ちゃんが智ニーニーと一緒になれて、笑顔で暮らしていくラストにしてほしいなぁ。

 

ちむどんどん18週考察:賢秀と清恵は養豚場を拡大して大成功?

清恵は、喧嘩しながらも賢秀に想いを寄せているようでした。

フラフラといなくなったり、お金を全て美人行商に注ぎ込んでしまったりする賢秀に対して、喧嘩腰になってばかりですが、最後はいつも許してしまっています。

賢秀のことが憎めないんだなぁと感じます。

「一番星になる!」と常々言っている賢秀は、お金儲けや成功のことにばかり興味がいっているようですね。

そんな賢秀が、清恵と一緒になるということは、養豚場の後継になるということ。

養豚場の一番星を目指して、賢秀と清恵は、養豚場を拡大し、見事一番星を勝ち取るのではないでしょうか?!

ちむどんどん18週考察:愛は世界的に有名なファッション会社で広報担当に?

愛は、念願だったパリ支局へ転勤となり、そこで取材した某有名ファンションブランドに引き抜きにあって、広報担当へ。

そして、日本でのブランド会社を任せられるまでになるかもしれません!

愛は、気配りもできますが、仕事もできるプロフェッショナル。

優柔不断な和彦と離れることで、その道を極めて、トップレベルのファッション会社を運営することになるかもしれません!

 

ちむどんどん18週考察:房子と二ツ橋が共同オーナーになる?

二ツ橋シェフは、以前房子に告白をしましたがフラれてしまい、お店をやめたことがあります。

しかし、やはり房子の側にいたいと思い、復帰。

房子は、そんな二ツ橋をオーナーとして受け入れました。

とはいえ、実は人情深いキャラの房子ですから、実は二ツ橋のことを心強く思っていて、側にいてほしいのは房子も同じなのでは?と考えられます。

また、二ツ橋はというと、未だに房子への思いを諦めきれずにいます。

そんな2人を見ている周りは、お互いに支え合い、必要としているように写るみたいですね。

ということは、最後の最後でちゃっかり2人が結婚して、フォンターナを引き続き切り盛りしていくのではないでしょうか?

最終的には、2人で共同経営・オーナーとなり、フォンターナを大きくしていくのではないでしょうか?

うさぎ
うさぎ
上下関係がはっきりしてるから、今更二人が夫婦になるイメージも湧かないけど、ふたりでないとフォンターナは成り立たないよね。

ちむどんどん18週考察:暢子は沖縄店をどこに出店するのか?

暢子は、沖縄の料理店を東京に出したいという新しい目標ができました。

東京の人に、もっと沖縄の料理を広めたいということなのかと思います。

では、暢子は沖縄料理店を東京のどこにだすのでしょうか?

予想としては、フォンターナがある近く、銀座でしょう。

フォンターナがある銀座は、小洒落た最先端の街並みです。

そこで成功できれば、暢子のお店は一躍有名になるのではないでしょうか。

もう一つは、鶴見。

しかし、鶴見は沖縄出身の人たちが集まる町で、すでにあまゆという沖縄の居酒屋もあります。

定着はしていますが、あまゆと競合する可能性もあるので、場所としては選ばないでしょう。

もうひとつの予想は、新宿。

新宿には、昔からある沖縄料理店がいまも営業しています。

新宿は、1970年代ごろからオフィスビルが建設され、地下鉄も発達していて、すでに人が集まる街の一つでした。

そういったことから、新宿でお店を出す可能性は十分にありそうですね!

ちむどんどん18週考察:石川は教師を続けるのか?

良子の夫である石川は、良子と同じ教師の仕事をしています。

しかし、いずれは石川の本家を継がなければなりません。

本家で、何か商売をしているのかは分かりませんが、本家にいずれは戻らなくてはならないようです。

そうすると、本家を継ぐことは、仕事をやめることになるのでしょうか?

本家が後継にこだわる理由はなんでしょう。

良子に家に入るように言っているということは、後継の石川にも家に入って学ばなければならないのでしょうか?

今後、良子が石川家と話し合いをするとなったら、そのあたりも説明が出てくるかもしれません!

 

ちむどんどん各週のあらすじ

ちむどんどん ネタバレ

ちむどんどん、ここまでの主なあらすじをご紹介していきます!

 

第1週のあらすじまとめ

1964年、沖縄本島北部やんばる地域に住む、小学生の比嘉暢子はおいしいものが大好きな女の子。

ある日、転校生の青柳和彦が東京から転校してきました。

暢子にとっては、初めて見る東京の人だったから、とにかく興味津々です。

母・優子と父・賢三もともに、和彦の父・史彦との家族どうしの付き合いが始まりますが、和彦はやんばるでの暮らしが楽しくなさそうでした。

暢子は、何とか和彦の心を開かせようと試みるうちに、段々と和彦とも過ごす時間が増えていきました。

しかし、和彦は、アメリカの学校へ転校することに。

そんな暢子に追い討ちをかけるように、父・賢三が突然亡くなってしまいます。

 

第2週のあらすじまとめ

やんばる小中学校の運動会では、足の速い暢子が一等賞まちがいなしと思われたが、ボロボロの靴のせいでビリになってしまいました。

そんなとき、優子の元に、賢三の叔母からある一通の手紙が送られてきて、子供を1人預かるという進言がありました。

兄妹の中で、暢子だけが「うちがいく!」と言い出したのです。

しかし、兄妹たちは、離れ離れになることを拒み、暢子はそのままやんばるで過ごすことを選びました。

 

第3週のあらすじまとめ

1971年、沖縄の本土復帰の前年です。

比嘉家の母・優子は、村の共同売店で働いていて、4兄妹はそれぞれ成長しました。

暢子は、やんばるの高校生となり、内定も決まっていました。

しかし、賢秀の喧嘩相手が暢子の就職先の息子だったため、内定が取り消しに。

謝りに行った暢子でしたが、逆に啖呵を切って内定を断ってしまいました。

そして、打ち込める何かを見つけたい!と涙を流す暢子だったのです。

 

第4週のあらすじまとめ

暢子は、再開した就活が決まらず、モヤモヤと過ごす日々。

そんな時、料理の腕を見込まれて、料理部が出場する大会の助っ人を頼まれることに!

そこで、トラブルにぶち当たった暢子でしたが、機転を利かせてナポリタンを振る舞うことに!

これが、見事にウケて、優勝することができました!

そして、暢子は料理人を目指すことを決意しました。

長男・賢秀は、家族のために一攫千金を夢見ていてチャンスを探し、長女・良子は想い人である石川へなかなか気持ちが伝わらない日々。

三女の歌子は、音楽教師・下地から逃げ回る毎日だった。

第5週のあらすじまとめ

暢子が東京へ行って、料理人を目指すと決めた頃、兄・賢秀が投資詐欺に遭い、東京への道が絶たれることに・・・。

しかし、姿を消した賢秀は、実はボクサーになって懸賞金を獲得していました。

そのお金で、なんとか借りていたお金も返せることになり、暢子は晴れて東京に旅立ちました。

第6週のあらすじまとめ

無事に東京・銀座に着いた暢子。

しかし、泊まるところがなくなった暢子は、途方に暮れて鶴見のある家で立ち止まっていました。

そこで、暢子は沖縄県人会会長の三郎に出会い、銀座の有名イタリア店アッラフォンターナに就職できることに!

そこで、10連勤を言い渡されるのでした。

一方、長女の良子は、想い人がいながら、家のために金吾との結婚を勧められてしまいます。

 

第7週のあらすじまとめ

フォンターナで10連勤をこなす暢子ですが、オーナーの房子は暢子に辛く当たります。

なんとか10連勤をこなした暢子。

しかし、房子が二ツ橋シェフの作ったペペロンチーノにダメ出しした房子に、口答えをし、房子にペペロンチーノ対決を挑みます。

負けたらクビと言い渡されましたが、結果は自ら負けを認めることに。

クビかと思いきや、房子は「私の命令に従うこと」を条件に、フォンターナで働くことを許可しました。

一方、お見合い話が進んでいた良子のところへ、想い人の石川が乗り込み、そこで石川からプロポーズされました。

金吾は、身を引いて、良子は晴れて石川と両思いになったのです。

 

第8週のあらすじまとめ

フォンターナで働く暢子に、房子は暢子へ新聞社でバイトとして働くよう言い渡されます。

房子は、暢子に新聞社で社会常識を身につけさせようとしていました。

そこで、暢子は和彦と再会することになったのでした。

和彦は、イタリア人の料理人に取材をするも、上司の田良島にダメ出しをされ、追加取材が必要となりました。

そこで、房子の手助けもあり、条件をクリアすれば再度取材を受けられることになりました。

見事、取材は成功!

暢子も、フォンターナへ戻ることができるようになりました。

 

第9週のあらすじまとめ

房子が、暢子に新たな試練を与えました。

なんと、売上の悪いおでんの屋台を立て直すよう命じたのです。

最初こそ、暢子が考えた変わり種で人気になりましたが、すぐにお客さんは来なくなりました。

試行錯誤した暢子は、「基本を大事にすること」を多くの人から知ることになりました。

そして、おでん屋を見事立て直すことに成功します。

そこへ母・優子からの電話がかかってきて、暢子を引き取るはずだった親戚とは、房子のことであったと知りました。

房子にそのことを告げると、実は最初から知っていたというのです。

そして、暢子は、おでん屋を立て直すことができたことで、フォンターナに戻って、前菜の担当を任されることになりました。

 

第10週のあらすじまとめ

フォンターナでの料理人として仕事をこなしていた暢子に、房子は、「新しいメニューが合格したらストーブ前に立たせてあげる」と告げます。

新しいメニューの考案をする暢子でしたが、なかなか思いつきません。

そんなとき、歌子が東京の大きな病院で、自分の病気がなんなのかを検査することになりました。

しかし、原因がわからず、落胆する歌子。

元気付けようと作った料理から、フォンターナの新メニューを思いつき、房子に試食してもらいます。

見事、結果は合格。

とうとう、メインディッシュを担当するストーブ前を担当するまでに成長する暢子だったのでした。

 

第11週のあらすじまとめ

ある時、二ツ橋シェフが怪我をして1ヶ月入院することになりました。

それにより、暢子がシェフ代行になりました。

しかし、スタッフとうまくコミュニケーションをとることができず、途方に暮れていました。

そこで、母・優子に電話をして相談していたら、「感謝をすること」の大切さを失っていたことに気づきました。

暢子は、フォンターナのスタッフに頭を下げ、スタッフと和解することができました。

無事に、フォンターナは暢子を中心に全員で二ツ橋シェフの穴を埋めることができました。

 

第12週のあらすじまとめ

沖縄では、良子と石川が結婚生活の中、すれ違いが続き別居状態になることに。

東京では、和彦と愛の結婚話がでてきて、暢子の心はモヤモヤ状態。

そんなとき、智から暢子に結婚を前提として考えていることをそれとなく伝えられ、戸惑ってしまいます。

あるとき、新聞社で2人っきりになった暢子と和彦は、結婚の話になった途端、言い合いになって気まずい関係に。

2人がギクシャクしていることに気づいた愛は、和彦に対して自分の思いをぶつけようと、和彦に迫ります。

そこへ暢子が鉢合わせしてしまい、3人はそれぞれ複雑な思いを抱くのでした。

暢子は、房子に呼び出されて共にお酒を飲むことに。

そこで、自分は和彦を好きなっていたことに気づいてしまうのでした。

 

第13週のあらすじまとめ

和彦のことを好きだと気づいた暢子ですが、どうしていいか分からず仕事に集中できません。

ミスを連発し、二ツ橋シェフに声をかけられます。

そんなとき、フォンターナのスタッフがやめてしまい、人手が足りず、房子が厨房に立ちます。

その姿に感動し、活気ある雰囲気に気持ちが昂ります。

その夜、愛が暢子のところにおとずれました。

暢子は、愛へ自分の想いを伝え、和彦を諦めると話します。

しかし、和彦の暢子への思いはどんどん高まっていく一方。

和彦のそんな姿に、暢子はまた心が揺れ、愛は不安と切なさが交差します。

暢子・智・和彦・愛は、愛の企画している記事の構成を明け方まで話し合いました。

なんとかまとまったところで、4人は海へ繰り出します。

そこで、愛と和彦がキスする姿を見た暢子は、どうしていいか分からない表情になってしまいました。

 

第14週のあらすじまとめ

鶴見沖縄県人会で、海での相撲大会が開催されました。

優勝したらプロポーズすると意気込んでいた智に対して、和彦は阻止しようと粘ります。

優勝したのは、智。

そして、智は暢子に告白したのですが、暢子は料理に集中したいと言って断りました。

一方、和彦の想いを知った愛は、和彦と別れる決意をしました。

和彦は、愛と別れたあと、暢子に告白します。

しかし、そこで母・優子の再婚話を聞いて、暢子は和彦の話を中断してしまうのでした!

 

第15週のあらすじまとめ

暢子と賢秀は、お盆のために沖縄のヤンバルへ帰りました。

母・優子の再婚について、話を聞くためです。

そこで兄妹4人は、初めて父と母の馴れ初めについて知ることになるのです。

一方和彦は、大きな仕事がかかったチャンスが到来し、急遽沖縄へ向かうことになりました。

 

第16週あらすじまとめ

暢子と和彦は、結婚の約束をし、家族や友人・会社の上司に報告しました。

みんなが祝福してくれる中、和彦の母親である重子だけが認めませんでした。

重子は、家柄の違いを指摘し、二人は釣り合わないとバッサリ。

暢子は、重子に結婚を認めてもらうために、美味しいものを作って食べてもらおうと考えますが・・・

 

\ちむどんどんを全話イッキ見/

ちむどんどんネタバレ

※過去の朝ドラが全て見れます。
※簡単登録5分で完了します。

 

ちむどんどん18週あらすじネタバレ!和彦と暢子の新居はどこ?|まとめ

ちむどんどん18週では、和彦と暢子のそれぞれの生き方や価値観を映すものでしたね。

思いあっていても、それぞれの道を歩んでいく決断もアリなんだろうなと感じました。

今回は、「ちむどんどん18週あらすじネタバレ!和彦と暢子は別々の道を進む?」をお送りしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

ABOUT ME
ハルごん
千葉在住 子どもたちを溺愛しながらも、育児に苦悩する日々です ニックネームは愛犬から拝借♪