ブルーロック

ブルーロック197話ネタバレ!潔メタビジョン完成でドイツを勝利へ導くか?

ブルーロック197話ネタバレ最新話確定速報!
Pocket

週刊少年マガジンで連載中の大ヒットサッカー漫画「ブルーロック」。

高校サッカーから、フォワードポジション300名だけを集めた青い監獄ブルーロックで、W杯優勝のために、たった一人の革命的なストライカーを決める過酷な戦いが繰り広げられています。

197話では、主人公潔世一(いさぎよいち)が所属するドイツと、凪・玲王・千切が所属するイングランドとの3点先取ゲームが繰り広げられています。

クリスのシュートを阻止した潔は、黒名から繋いでもらったものの、なんと雪宮に奪われてしまいました!

絵心は、この雪宮のシュートを罵倒。

さらに、凪も含めて「再現性のないシュートは自滅につながる」とまで評しました。

この考えは、潔と同じ。

しかし、玲王はそう考えてはいなかった!

全ては凪のため?

走り出したイギリスチーム!

ラストを決めるのはまた凪と玲王なのか?

今回は、「ブルーロック197話ネタバレ!潔メタビジョン完成でドイツを勝利へ導くか?」をお送りします。

ぜひ、最後まで楽しんで読んでくださいね。

そして、ブルーロックファンのあなたに朗報です!

スマホでブルーロック全巻一気読みできるアプリをご存知ですか?

それが、マンガBANGです

マンガBANGなら、ブルーロックを一巻から最新刊まで全部見れます。

簡単無料アプリインストールするだけで登録不要なので、通勤中や通学中などに漫画を読みたい方はぜひご登録ください♪

ブルーロック
全巻一気読みブルーロックをマンガBANGで一気読み!簡単アプリインストール

 

ブルーロック197話ネタバレ考察|潔メタビジョン完成でドイツを勝利へ導くか?

ここでは、ブルーロック197話最新話の考察を紹介していきます!

クリスに攻撃を止められた雪宮。

潔は、雪宮へ協力も求めるも拒否!

敵が増えていく中、潔はシュートを決めてドイツに勝利をもたらすことができるのか?

ラスト1点を賭けて、最後に勝つのは誰だ?!

 

ブルーロック197話の考察|ノエルのラストプレーが炸裂?

ノエルは、ここまでディフェンダーとしてのプレーしかしてきていません。

すでに2プレーが終わっているところを考えると、次のプレーで最後かもしれないですね。

潔には、今味方と言えるメンバーは黒名しかいません。

黒名と2人だけでの攻撃ではかなり厳しいのではないでしょうか。

敵からのディフェンスと同チームからの強奪を阻止することを考えれば、ノエルの力が絶対的に必要です。

メタビジョンを利用し、一番自分に有利でゴールの匂いに近いところにいれば、ノエルは自ずと潔たちの力になるでしょう。

ノエルによって、チャンスとゴールの匂いを再び感じることができた潔は、黒名とノエルと3人でボールを運び、カイザーや雪宮が手を出せないスピードで敵を捌いていきます。

さらに、國神によってコースを塞がれたかのように見えますが、ノエルの神テクで潔のチャンスを作っていく…。

ノエルの合理的なプレーについていくという言葉は、潔のメタビジョンが確立されることを意味している可能性が非常に高いですね。

 

ブルーロック197話の考察|御影玲王は脱落濃厚?

イギリス対ドイツ戦で、イギリスの先発に登場した御影玲王は、カメレオンとも評される変芸自在なプレイで、敵も味方も翻弄してきました。

決定打を得ることはなかなかできていないものの、アシスト力や味方のシュートコースを作ることに関してはレベチです。

この玲王の覚醒したプレーを利用することで、凪誠士郎はシュートコースを確保し、潔との一対一で5段階トラップの末、ゴールを決めました。

これに、玲王は自分の最終目標である「W杯優勝」と、凪と一緒にトップになるという最初の目標をまた持ち始めたのです。

しかし、ブルーロックは「最強のストライカー」を作る場所であり、ペアを作る場所ではありません。

また、FWはストライカーであり点を取れる人間でなければ意味がありません。

「そんなことはどうでもいい、ブルーロックを踏み台にする」と断言した玲王に、今後ブルーロックで生き残るチャンスがあるのか、そもそもブルーロックに残っている意味があるのかと考えてしまいます。

点を取りにいかないのであれば、FWじゃなくていいのでは?

さらに、「潔に勝つ」ことだけを考えてきた凪は、次の目標を持っているか疑問です。

元々負けることの悔しさを潔に突きつけられ、その潔に勝つことを目標として上り詰めてきたのが凪なのです。

凪を押し上げたいと考えている玲王は、凪がその目標を達成したいま、今後必要な人間なのでしょうか?

FWとしてのトップと考えた時、「俺が点を取る」と考えている雪宮や國神、潔の前に、翻弄させるだけのプレイではゴールに繋がらないはず。

何より、他人ありきの「エゴ」に一体何の意味があるのかと考えてしまいます。

 

ブルーロック197話ネタバレの考察|雷市の出番が近い?

ドイツメンバーの中で、なかなか登場回数が増えないのが雷市。

しかし、ちょっとしたコメントを残してくれるのも雷市なんですよね。

元々は、ブルーロックZチームで潔と同じチームだったことから、初期メンバーとして存在しています。

これといった突き抜けたところはないものの、3次選考での勝ち上がりメンバー引き抜き戦を突破し、U-20日本代表戦にも出場していました。

実力はかなりある方だと思うのですが、フォワードとして能力を発揮したイメージが薄いんです。

しかし、今残っているメンバーはそれぞれ何かしらの能力を持っていることもある上、この世界戦で発揮される可能性はかなり高いといえます。

雪宮が独壇場で突っ走って自滅したところに、3分経過でノエルとのメンバーチェンジが行われます。

その際に、雪宮と雷市が交代となるのではないでしょうか。

理論的に動かなかった雪宮は排除され、その枠を得るチャンスが雷市に回ってくれば、潔のサポート役が増える可能性も高まります。

強引さや気の強さからして、当たり負けもしないであろう雷市は、ボールの奪い合いの場面で結果を出しに行くのではないでしょうか!

 

ブルーロック197話ネタバレ!

雪宮が完全封鎖され、再現性も期待できない状況。

完全に仲違いした潔と雪宮。

そうこうしているうちに走り出したのは凪だった!!

ボールを持っているのは、玲王。

しかし、ここで潔は気付いたのです。

全ての選手が、「自分が主人公」だと言うことを!

当たり前のようで、見落としていたこと。

そして、それこそが玲王と凪が二度とスーパーシュートを再現できない理由だと言うことを!

潔は、凪と玲王を完全封鎖できるのか?

ブルーロック
全巻一気読みブルーロックをマンガBANGで一気読み!簡単アプリインストール

 

ブルーロック197話ネタバレ!|まとめ

ブルーロック197話ネタバレ最新話確定速報!

今週のブルーロックネタバレ情報はいかがでしたか?

今回のブルーロックも手に汗握る展開でしたね!

なんと雪宮と仲違いしているうちにスタートしていた試合。

ラスト90秒で、凪と玲王はまたゴールを決めてしまうのか?

唐突に潔が気付いたのは、「全ての選手が主人公だと考えている」こと。

そのピースで潔のメタビジョンがどれくらい精度が上がるのか気になるところです!

次週も楽しみですね♪

今回は、「ブルーロック197話ネタバレ最新話確定速報!クリス怒りの一撃?」 を送りしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
ハルごん
千葉在住 子どもたちを溺愛しながらも、育児に苦悩する日々です ニックネームは愛犬から拝借♪