ビーファーストのジュノンは韓国でデビューしていた?歌とダンスが未経験じゃないって本当?

ビーファーストのジュノンは韓国でデビューしていた?歌とダンスが未経験じゃないって本当? J-POP
Pocket

公開オーディション、ザファーストから新たなボーイズグループ「BE:FIRST」が誕生しました。

彼らは、色々な経験と技術を持って集まった年齢も経歴もバラバラの個性豊かな7人メンバーです。

今回は、メンバーの1人、JUNON(以下、ジュノン)の経歴に深掘りしていきたいと思います。

ジュノンは、公式の紹介では歌やダンスが未経験と紹介されています。

しかし、彼の経歴を遡ってみると韓国でのデビューをしていたようなのです。

つまり、歌やダンスは未経験じゃないかもしれないってことですね!

今回は、「BE:FIRST(ビーファースト)のジュノンは韓国でデビューしていた?歌とダンスが未経験じゃないって本当?」について、お届けしたいと思います。

 

BE:FIRST(ビーファースト)のジュノンは韓国でデビューしていた?

ジュノンは未経験としてザファーストに参加していましたが、どうやら韓国でデビュー経験があるそうです。

どういうことでしょうか?

 

韓国のアイドルグループで日本人メンバーとしてデビュー

ジュノンは、2018年に韓国のアイドルグループVERMUDA(バミューダ)のオーディションを受けており、晴れてメンバー入りしています。

オーディションを受けた時の映像がこちら

バミューダのメンバー

 

 

韓国での活動期間は?

韓国でのジュノンの活動期間は、およそ2ヶ月だそうです。

VERMUDAは、5人組のアイドルグループでしたが、1人脱退した後にジュノンが加入しました。

ジュノンが加入したのが2018年10月ごろ、活動休止になったのは、2018年11月末ごろと推測されます。

Twitter

VERMUDA公式のTwitterでは、ここから更新がありません。

また、その後にVERMUDAが活動していた形跡もありませんでした。

 

ジュノンが辞めた理由は?

上記の通り、VERMUDAは特にお知らせもなく解散したものと思われます。

そのため、ジュノンは主だった活動することなく、帰国することになったのでしょう。

グループ解散理由は、会社がクラウドファンディングで資金集めに失敗した、とか、リーダーのUが恋人とのいざこざが表に出てしまって解散せざる得なくなったなどの情報がありますが、確かな情報はありませんでした。

メンバー加入からわずか2ヶ月という期間ですから、韓国での生活にやっと慣れた程度で解散となったのではないでしょうか。

歌やダンス未経験の私から考えても、2ヶ月では大した練習もできなかったと思います。

そのため、ジュノンはこの部分だけ見ると、未経験相当な状態で、日本へ戻ってきたと考えられます。

 

BE:FIRST(ビーファースト)のジュノンは歌とダンスが未経験じゃないって本当?

ジュノンは、本当に歌もダンスも未経験だったのでしょうか?

K-POPアイドルグループ解散後、ジュノンは芸能関係の活動はしていたのでしょうか?

 

ジュノンは舞台俳優として活動していた!

2019年7月に行われていた舞台「はじまりのおわりに」と「おわりのはじまりに」に出演していました。

内容はコメディだそうです。

この舞台に参加して、ジュノンは、表現力をさらに高めることができたそうです。

普段から喋り方が棒読みっぽい僕にとって感情を込めて言葉を発するっていうことがすごい緊張して、正直最初は大丈夫かと思っていましたがいい人たちに恵まれてみんなの真剣に取り組む姿をみたり真剣に教えてくれたおかげでここまでやってこれました。

ここで歌やダンスを行っていたかは定かではありません。

ただ、表現力を鍛えるという意味では、舞台も歌手も共通するところだとは思うので、ジュノンにとって本当に良い経験だったのかもしれないですね。

 

未経験といった理由は何?

実は、ジュノンは自分は未経験だとは言っていないのです。

歌やダンスを習っていないとのことだったので、全くの未経験という訳ではないんですね。

実際、家で歌の練習をしたりしていたわけですから、本人的には経験はしている!と言いたかったのかもしれません。

 

本日よりデビュー曲「Shining One」が公開!

何度見てもかっこいいですね。

7人の成長を感じずにはいられません。

 

まとめ

ビーファーストのジュノンは韓国でデビューしていた?歌とダンスが未経験じゃないって本当?

BE:FIRST(ビーファースト)のジュノンが、歌やダンスが未経験でなかったか否かは、はっきりとはわかりませんでした。

ただ、韓国デビューしたり、舞台で俳優を努めたりと、とても努力して才能を育ててきたんだろうと感じます。

また、大学進学、修飾内定と社会へ出ていく準備もしていたとのことだったので、今回のザファーストは最後の挑戦だったのかもしれないですね。

メンバー入りの切符を掴むことができて、本当に良かったですね。

これから、色々な番組でジュノンを見ることができるのがとても楽しみです。

今回は、「ビーファーストのジュノンは韓国でデビューしていた?歌とダンスが未経験じゃないって本当?」を紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました