トレンド

山上徹也が安倍晋三銃撃の犯行予告をしていた?動機やテロの可能性も調査!

安倍首相銃撃の犯行予告があったのは本当?犯人の動機やテロの可能性も調査!
Pocket

安倍首相を襲った犯人である山上徹也容疑者が、事前に犯行予告を行ったと言われています。

本当に、犯行予告が行われたのか調べてみました!

また、犯人の動機はなにか?

犯人は複数名のテロ組織であるのかも調査しています。

今回は、「安倍首相銃撃の犯行予告があったのは本当?犯人の動機やテロの可能性も調査!」をお送りします!

 

安倍首相銃撃の犯行予告があったのは本当?

白昼堂々と、安倍晋三元首相への銃撃という残忍な犯行に及んだ山上徹也。

「彼は、事前に計画していたのでは?」

と言われています。

その理由は、5chという掲示板サイトで、犯行声明ともとれる書き込みが見つかっていたからです。

本日金曜日、某所でまあまあ大きな出来事が起きる

そのことが、特定の党にとって大いに追い風となる

追い風は弱まることなく投開票日に突入するるるる

そんなような夢を見た

まさに、犯行声明文のようにもとれますね。

特に、「ある党にとって追い風となる」「投開票日に」という書き込みから、明らかに政治関連、今行われている参議院選挙について言及しているようにしか見えません。

しかし、この犯行声明のような書き込みは、山上容疑者本人が書き込んだかは明らかになっていません。

>>犯人の素顔はこちら!

 

安倍首相銃撃の犯人の動機は何?

先に紹介した犯行予告のような書き込みから、山上容疑者が政治的な理由で、安倍元首相を狙ったと考えていいようにも思えてしまいます。

しかし、山上徹也容疑者は、「政治思想による犯行ではない」と、証言していることがすでに報道で伝えられていますね。

さらに、「ある宗教団体の幹部を狙っていた」とも話しています。

その宗教団体や幹部の名前は、明らかにされていませんが、その人物は、犯行現場である大和大寺駅前の演説会場にはいませんでした。

標的がいなかったから、安倍元首相を狙ったのでしょうか?

であれば、かなり雑な犯行ですよね。

国内トップクラスのSPが、そんな雑な考えで近づいた山上容疑者を見逃すとは考えにくいです。

自分が作った銃が使えるか試したかった?

すでに、山上容疑者の自宅は、家宅捜索されて、自作の拳銃が6本と爆発物が見つかっています。

全て、ネットで購入したものから自作したと話していました。

実際にどれくらいの威力なのか、殺傷能力があるのか、人で試したくなったのではないでしょうか?

自分がつくっったものを、人に披露したかった。

上手にできれば、その欲は強くなるでしょうね。

また、「誰かに見てほしい」「驚かせたい」という欲求が強くなったときに、たまたま安倍晋三元首相が、家の近くで演説をやると聞きつけて、多くの人が集まるタイミングで、人が一番注目している瞬間を狙って試したのかもしれません。

誰かに雇われて犯行に及んだか?

しかし、国内トップクラスのSPが厳重に警護している中で、自衛官の経験があるとはいえ、素人の山上容疑者が、そう簡単に近づくことができるでしょうか?

山上容疑者だけでなく、協力した人物がいたのではないでしょうか?

そもそも、暴発しない拳銃を、1人で手製で作れるとは考えにくいです。

また、その銃が暴発しない自信があるのも、確実に成功させることができるエビデンスがあったからではないでしょうか?

つまり、すでに作ったことがあるプロが、協力者の中にいた可能性が非常に高いです。

組織的に動いていたのか?

では、その協力者は、どんな人物か?

おそらく、その道のプロ。

拳銃や銃に精通していて、組み立てだけでなく、一から作る手順も知っている人間が関わっている可能性が高いです。

そういった人が、日本にはさほど多くないと思います。

そもそも、売り物になるようなまともな銃を作る環境自体がありません。

また、銃を扱うには免許が入ります。

さらに、銃を売る側も、厳格な審査を受けて、店で販売しています。

つまり、国内で銃を扱うプロは、国によって管理されているのです。

そのような人たちが関われば、すぐに足がつくでしょう。

であれば、もしかしたら、国外のテロ組織やもっと世界のトップクラスの人材が関わっていた可能性もありますね。

そう考えると、実は、黒幕は大きな組織が潜んでいるのではないでしょうか・・・?

 

 

安倍首相銃撃犯はテロの可能性も?

安倍晋三元首相が銃撃にあったという報道があったとき、真っ先にテロを思い浮かべた人も多かったようです。

日本は、他の国と比べて、諸外国から海を挟んで離れていることから、「街中でテロに遭うかもしれない」という不安や警戒があまりありません。

しかし、銃発砲が起こり、実際に国の重鎮が撃たれたことを目撃した今、テロ組織が日本国内で動き出した可能性は決して少なくないと思われます。

山上容疑者が、テロ組織の一員で、実行犯として動いたかどうかはまだ分かっていません。

しかし、先にお話しした通り、1人で暴発しない自信を持って、白昼堂々と自作の銃を使用できるでしょうか?

さらに、山上容疑者と安倍晋三元首相とは、5メートルくらいの距離があったそうです。

元自衛官とはいえ、17年前に3年間訓練しただけで、その距離から、正確に2回も当てることができるでしょうか?

一歩間違えば、他の一般市民が撃たれていたかもしれません。

しかし、その場で被害に遭ったのは、安倍晋三元首相1人です。

位置関係、距離、正確に当てられる訓練を、たった1人でやっていたのでしょうか?

そんなモチベーションはどこからくるのか?

そう考えれば、組織的に、目的があって犯行に及んだと考えた方が自然な気がします。

そして、それをやり遂げようとする意志こそ、テロ組織に合致するのではないでしょうか。

 

安倍首相銃撃の犯行予告があったのは本当?犯人の動機やテロの可能性も調査!|まとめ

安倍元首相を撃った犯人は、元海上自衛隊ということもあり、銃を扱う腕前はプロレベルですね。

手製の銃で、5メートルから2発打ち、暴発もせず、狙った相手に2発がしっかり当たっている、しかも一般人が巻き込まれていないことから、周到に用意していたのではないでしょうか。

しかし、予定していた演説場所が急きょ今回の大和大寺駅前に変更されたなど、内部でしか知らないことを把握して行動していたのでしょうか。

であれば、たとえ元海上自衛隊だといっても、その情報が簡単に手に入るとは考えにくいのではないでしょうか。

今回の犯行が、5chで書かれている犯行予告と関係するのかはまだわかっていません。

また、はっきりとした動機や背景の組織の有無も発表されていません。

もし、テロであれば、これは一般の私たちにも危険が及ぶ可能性は十分に考えられますね。

今後も、この情報をチェックしていきたいと思います。

今回は、「安倍首相銃撃の犯行予告があったのは本当?犯人の動機やテロの可能性も調査!」をお送りしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
ハルごん
千葉在住 子どもたちを溺愛しながらも、育児に苦悩する日々です ニックネームは愛犬から拝借♪